中国製品ブログ

LOSSの扱う商品の実際の使用感など良いことも悪いことも書いていきます。会社をゼロから立ち上げる気持ちで頑張っています。

ブログ一覧

中国製品の品質はよくなったのか?

当社は主に中国製品を扱っています。

その肝心の商材ははたして日本のユーザーに向けて提供できる品質なのかどうか?

現在、良くも悪くもほとんどの製品はMade in Chinaです。これは紛れもない事実です。

例えば大手日本ブランドのカメラも多くは中国製です。

それらは日本やドイツといった一流企業の中国工場という位置づけなので、純粋な中国製品とは言えません。日本で流通している商品のほとんどはこういった日本企業が指揮する中国の生産ラインで作られています。

私どもが輸入して販売するものは純粋な中国製品です。

正直、日本における中国製品のイメージはよくありません。「安かろう悪かろう」というのが大勢を占めます。

中国製品の品質は年々よくなってきています。特に製品化への熱意と行動力は目を見張るものがあります。

商材ではないですが一つの例として航空機をとりあげます。

EU6671 B-3328

ARJ-21 中国製の小型ジェット旅客機です。

FAAの耐空証明が取れていないとか、MDのコピーとか空飛ぶ棺桶とか日本では散々な言われようです。確かに新製品としては完成度はやや劣るのかもしれません。でも堅実な設計でもちろん墜落事故などおこしていません。

そしてわれらが三菱航空機のスペースジェット(旧MRJ)

ご存じのように度重なる遅延に加えてコロナによる航空業界の先行き不透明さから事業を縮小。アメリカ向けの70席仕様は凍結と散々な状態です。

結果を出して雇用を創出しているという点では中国の勝ちにも見えます。

何が言いたいかというと、良いものを作って市場に供給したいというのは同じはずです。そのプロセスが日本と中国では大分異なるような気がします。

確かに変なものもたくさん作ってきましたが、世界の工場と呼ばれ、近年の中国製品の実力は確実に上がっています。

10年後、中国製品の評価はどうなっているでしょうか?

中国のやきいも焼き器を使ってみた

当社で扱っている焼き芋ローストパン

持って帰って自宅で使ってみました。

ユニフレームのファイアグリルでキャンプ気分♪我が家はいつもこの焚き火台兼バーベキューグリルですべて煮炊きします。

素材は鋳物。構造は中央にしゃぶしゃぶ鍋のような煙突?があり中からもしっかり熱が通ります。ダッチオーブンのように上に炭を置くこともできます。

ダッチオーブンのようでもありますが角に穴が開いています。これは適度に水分を飛ばすのがおいしい焼き芋のコツなんだとか・・・

内部は突起やフィンがあり食材が鍋肌に直接触れないようになっています。石焼き芋の石の代わりですね。

30分程度で開けてみる。

串を指すとしっかり中まで焼けています。

じゃがいもは途中から思いついて投入したのでまだ生焼け

断面拡大!

蜜も出ておこげもなかなかいいんではないでしょうか。

・・・

じゃがいもにはバターです♪

時間差でジャガイモもおいしく焼けました。

・・・

使用後のお手入れは十分加熱して燃やし切ってからブラシでおそうじ

中華鍋と同じで保管中に錆びないように薄ーく油をなじませておきましょう。

・・・

この中国焼き芋ローストパンも当社で販売しています。また、写真では中国の文字や特許番号が刻印されていますが、これを自由に変更することが可能です。(例えば販売店様のPBとするなど)

お取り扱いいただける販売店様いらっしゃいましたら当社営業(0299-77-5885)までお問い合わせください。

転倒防止対策を標準装備した脚立を輸入販売

こんにちは!株式会社LOSSのYです。

新しい担当者として今後ブログを好き勝手に書いていきます。

畜産に限らず様々な商品を中国から輸入して、安く皆様に販売することが会社としての責務です。今回ご紹介する【安全脚立】もよいものだというのは確かなのですが、それを日本へ持ってきてすぐに売れるかというとそう簡単ではありませんでした。

その脚立を日本の皆様に売るためには品質が確かか自分の目で確認する必要があります。さらに強度や安全性の面で第三者認証のようなものが必要だと考えさっそく調べると…

市場で売られている大手メーカーの脚立には以下の認証マークがついていることがわかりました。

①SGマーク

②JISマーク

③Aマーク

④仮設工業会マーク?

このうち③と④は業界団体の認証マークなので一商社である当社がいきなり入れるものではありません。却下…

②のJISマークは誰でも知ってる日本工業規格です。とはいってもすでに中国で特許も取って製品化されているものを日本の規格に合わせることもできず…却下。

そうすると①のSGマークが残ります。これは経済産業省が設立した製品安全協会が製品の安全を確認して認証するもの。〄の次にポピュラーなマークだと思います。今は実物を輸入し、この新しい概念でつくられた製品がSG規格に合うのか事前検査を受けることが先決!

その次は工場の認証と続きます・・・

仮に認証マークがなくても品質は変わりません。最大作業高さ2メートルの製品はそもそも認証対象外なんです・・・これはAマークも仮設マークも同じです。